ゆかしメディア

株式ロング&ショート安定でグレンビュー、センベストの時代続くか


ヘッジファンドの戦略別となる2015年12月月次と、年間リターンがクレディ・スイスから発表され、空売り専門のショートバイアス戦略が4.80%と高リターンを上げたことがわかった。年間で見れば、株式ロング&ショート、マルチストラテジーが健闘した。ここ3年ほど好成績のグレンビューキャピタルと、センベストマネージメントなど株式ロング&ショートを主戦略とするヘッジファンド運用会社が今年も注目を集めることになるか。

 


■ 出典・引用元がある場合は以下にリンクされます:

 

 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイト: YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)


 

◆BtoB展開されている方限定◆あなたもPR展開しませんか?

 

BtoB(法人向け・業務用)商材特集

関連記事

  1. 2020年、東京に自動運転車が走る?
  2. 仮想通貨を保有するアメリカ人は人口の8%
  3. モノ言う株主、世界的長寿企業の改革に乗り出す
  4. 「ハゲタカファンド」とは何者か?
  5. ヘッジファンド運用総額383兆円に増加 16年のキープレイヤーは…
  6. 1月のヘッジファンド相場は順調に推移
  7. 真っ二つのエンツォフェラーリ2億円で落札
  8. 社会保険、生命保険、地震保険の控除

【年中無休・深夜対応もOK】気軽に使える話し相手サービスーほんわか倶楽部

PAGE TOP