ゆかしメディア

  1. 有名ヘッジファンドマネージャーが1700億円を集めて復帰へ

    かつてNevsky Capitalを運営していたMartin Taylorが1700億円を集めて、2019年10月に運用業界に復帰した。新しい運用会社はCrake Asset Managementといい、従来と同じく株式のロング・ショート戦略である。ただし以前は東欧の株式が中心だったが、世界株を対象としたファンドになる模様だ。…

  2. 専門家の生の声が聞ける第3回資産運用EXPO、開催迫る

    オリンピックイヤーである2020年以降の投資について専門家の生の声が聞ける第3回資産運用EXPOが2020年1月23日(木)~25日(土)と開催が迫っている。

  3. ヘッジファンド業界の成熟化と変化

     最近ヘッジファンドの解約増加や老舗ヘッジファンドマネージャーの資金返還が相次いで報道されており、ヘッジファンドについて弱気なコメントが目立つようになった。その一方BarclayHedgeのデータではヘッジファンド全体としては運用残高は330兆円程と運用残高は増加傾向だ。 これはヘッジファンドの解約が、ヘッジファンドの運用により増えている範囲内で行われているためと考えられる。…

  4. 世界限定8台のピアノ BLACK DIAMOND

    11月21日、帝国ホテル東京(千代田区)にて、世界的ピアニストであるラン・ランとスタインウェイ・ジャパン社がコラボレーションした特別限定ピアノ「BLACK DIAMOND」の日本発売記念イベントが開催された。…

  5. 世界最大のヘッジファンド創設者、危険な歴史の繰り返しを警告

    世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーターの創設者、レイ・ダリオ氏が「歴史的に現在は第二次世界大戦前の1930年代に似た危険な環境にある」という警告をエッセーで発した。

  6. 英老舗旅行会社破産でヘッジファンドが巨額リターン

  7. ACミラン買収ヘッジファンド、ユニゾ株買い増しへ

  8. Brexitとヘッジファンド

ピックアップ記事

HOTポスト

  1. スーパーの特売情報を配信

おすすめ記事

法人向け【電報サービス】通常より約1/3の価格でご提供

◆ 実績累計700万通超・ご利用企業3万社超の使いやすい電報サービス  インターネットから簡…

広告予算が、時間が、厳しいんだ!という方へ

法人向け集客支援
◆ 「広告予算が、時間が、厳しいんだ!」   「SEO対策も、今や競争や評価基準がキツく厳しい・・・」 「リスティング広告費用もかさんで来ていて悩むところだ・・・」 「我が社の費用も人的ソースも追いつかない・・・」   […]

当サイト新着ダイジェストに無料登録

 
PAGE TOP