ゆかしメディア

  1. 2019年世界一の称号を受けたヘッジファンドとは

    2019年に320.1%のリターンを出して世界一の実績と、一躍有名になったヘッジファンドが存在する。それはシンガポールのバンダグローバルファンドである。バンダグローバルファンドは2016年7月にスタンダードチャータード出身のチョン・チンイアイ氏によって運用を開始された。…

  2. 2019年のヘッジファンド業界の振り返りと2020年の展望

    バークレイヘッジのヘッジファンドインデックスによると、2019年のヘッジファンドインデックスは10.77%プラスとなり、2018年-5.23%から回復した年となった。2017年の実績は10.37%であった。戦略別ではボラティリティインデックスと株式マーケットニュートラル戦略が1%未満のわずかなマイナスだった以外、すべての戦略が年ベースでプラスとなり、非常に良好な投資環境だったことがうかがえる。 …

  3. 2019年のヘッジファンド業界の振り返りと2020年の展望

    バークレイヘッジのヘッジファンドインデックスによると、2019年のヘッジファンドインデックスは10.77%プラスとなり、2018年-5.23%から回復した年となった。2017年の実績は10.37%であった。戦略別ではボラティリティインデックスと株式マーケットニュートラル戦略が1%未満のわずかなマイナスだった以外、すべての戦略が年ベースでプラスとなり、非常に良好な投資環境だったことがうかがえる。 …

  4. 2019年のヘッジファンド業界の振り返りと2020年の展望

    バークレイヘッジのヘッジファンドインデックスによると、2019年のヘッジファンドインデックスは10.77%プラスとなり、2018年-5.23%から回復した年となった。2017年の実績は10.37%であった。戦略別ではボラティリティインデックスと株式マーケットニュートラル戦略が1%未満のわずかなマイナスだった以外、すべての戦略が年ベースでプラスとなり、非常に良好な投資環境だったことがうかがえる。 …

  5. 有名ヘッジファンドマネージャーが1700億円を集めて復帰へ

    かつてNevsky Capitalを運営していたMartin Taylorが1700億円を集めて、2019年10月に運用業界に復帰した。新しい運用会社はCrake Asset Managementといい、従来と同じく株式のロング・ショート戦略である。ただし以前は東欧の株式が中心だったが、世界株を対象としたファンドになる模様だ。…

  6. 専門家の生の声が聞ける第3回資産運用EXPO、開催迫る

  7. ヘッジファンド業界の成熟化と変化

  8. 世界限定8台のピアノ BLACK DIAMOND

ピックアップ記事

HOTポスト

  1. BtoB企業の課題解決コンシェルジュ
  2. IP分散サーバー
  3. 雷発生予報コンテンツ提供

おすすめ記事

マーケティング・集客に役立つ資料の無料ダウンロードポータル

◆ 経営者・マーケター向けマーケティング資料ポータル企業内において、とくに経営層・部門長・マーケター…

地番変換サービス

◆ 全国の地番を町丁目へ! 地番変換サービス地番しかわからず、 場所の特定ができない?住所の表記方法…

当サイト新着ダイジェストに無料登録

 
PAGE TOP