ゆかしメディア

  1. 英国No.1ファンドマネジャーがヘッジファンド創設か?

    2010年の運用開始以来およそ400%のリターンを残している、英国で一番人気のファンド「ファンドスミス」のマネジャーであるテリー・スミス氏が、新しくロングショート戦略のヘッジファンドを立ち上げるようだ。 買い(ロング)のみで運用してきた超有名ファンドマネジャーの動向が注目されている。…

  2. ヘッジファンドとファンドラップの違いとは?

    ファンドラップは証券会社に運用を任せ、ヘッジファンドはファンドマネージャーに運用を任せる。どちらも「資金を預けて運用を任せる」という性格で、その意味ではヘッジファンドとファンドラップは似ているように見える。 日本の証券会社が取扱いしていないヘッジファンドについて、ほとんどご存じない方が多いと思う。今回は、ファンドラップとヘッジファンドの違いを解説する。…

  3. 欧州大手グローバルマクロヘッジファンド、ブレバン・ハワードの復活劇

    2020年に入ってから欧州大手グローバルマクロヘッジファンドのブレバン・ハワードの復活が目覚ましい。巧みな相場に対するポジション構築により、コロナショックを利用した一段と高い成績を生み出し、5月末時点で22.6%のリターンを記録している。2018年以降の成績で比較するとブレバン・ハワード・マスターファンドは年率19.3%と、年率7.6%であったS&P500のインデックスファンドを大きく上回っている。 …

  4. 超低金利時代に有効な投資方法

    世界中の利下げが止まらない。マイナス金利の日本、ドイツに加えて米国もゼロ金利。6月に行われたFOMCでは、市場の予想通り政策金利を0.00-0.25%に据え置き、将来も参加メンバーの大半が2022年末までは現状維持を予測した。雇用・消費の回復は時間がかかると見られている。  米ドル、豪ドルなど外貨建て債券に投資されている方も多いだろう。米国・日本・オーストラリアなどの10年国債利回りは年々低下している。外貨での運用方法を、本記事でいくつかご紹介する。…

  5. 超低金利時代に有効な投資方法

    世界中の利下げが止まらない。マイナス金利の日本、ドイツに加えて米国もゼロ金利。6月に行われたFOMCでは、市場の予想通り政策金利を0.00-0.25%に据え置き、将来も参加メンバーの大半が2022年末までは現状維持を予測した。雇用・消費の回復は時間がかかると見られている。  米ドル、豪ドルなど外貨建て債券に投資されている方も多いだろう。米国・日本・オーストラリアなどの10年国債利回りは年々低下している。外貨での運用方法を、本記事でいくつかご紹介する。…

  6. 米国IT株が高騰している理由:「質への逃避」経済用語解説シリーズ①

  7. リターン10%超!イェール大学の投資戦略

  8. 新興国株式を買うべき理由8選

ピックアップ記事

HOTポスト

  1. 法人リスト、企業リスト(電話帳)
  2. マーケティング・リサーチ
  3. ビジネス用データベース販売

おすすめ記事

派遣法改正対策のコストを大幅削減!

◆ このような方に ◆ 教材数、価格帯、使いやすさがウリ(1)物流・製造を始めとした派遣…

最新マーケット情報がPC・スマホで見放題【日経チャンネルマーケッツ】

「日経チャンネルマーケッツ」は日本経済新聞社のグループ会社である、日経CNBCと日経映像が運営するネ…

当サイト新着ダイジェストに無料登録

 
PAGE TOP