ゆかしメディア

  1. JALとANA 明暗を分けた株主総会

    1日違いで行われたJALとANAの株主総会。その内容は真逆となった。

  2. 京都の1室7億円マンションが完売

    三菱地所が販売し、完売していた京都の富裕層向けマンション、「ザ・パークハウス京都鴨川御所東」がこの度購入者に引き渡しとなった。 京都市の鴨川河川敷に敷地が面している新築分譲マンションが供給されたのは2004年以来で、2015年の販売は11年ぶりとなったこともあり、人気が集中した。 東側の部屋は鴨川に面し、部屋によっては京都の夏の風物詩である「五山送り火」の1つ、「大文字」を正面から望むこともできる。そのような絶好のロケーションから、2015年12月の発売開始後、第1期募集の26戸は即日完売、その後も順調に売れ、今年5月に全85戸が完売となった。

  3. トランプを操るヘッジファンドのドン、ロバート・マーサーとは何者か

    バロンズの発表した「ヘッジファンドトップ100」 昨今の市場の乱高下に伴い、著名ヘッジファンドでもこれまでと同様の運用成績を出せていないところも多い。 トップ100にランク入りしたヘッジファンドで、著名なところで名前が出ているのはツーシグマ(11位)、DEショー(18、32)、シタデル(30、37)、ブリッジウォーター(50)、マングループ(73)などなどだ。

  4. 成績1位ヘッジファンドの「ニッチで安定」運用

    バロンズが、ヘッジファンドの運用成績トップ100を発表した。2014~2016年の3年間の平均リターンが高い順に順位付けしたもので、2016年の成績のみを見るとより高い運用成績を記録しているものも、下がっているものもある。 1位に輝いたのはスペイン、マドリードに拠点を置くアラントラ・アセットマネジメントのEQMCヨーロッパ・デベロップメント・キャピタル・ファンドクラスAで、リターンは26%だった。

  5. 富裕層は株主総会に行かない

    株主総会の時期が到来した。 大株主になっていることも多い富裕層は、株主総会とどのように付き合っているのか?

  6. 富裕層はAI恐れるに足らず

  7. 富裕層はAI恐れるに足らず

  8. 富裕層支持率ナンバーワン、成城石井が90周年

ピックアップ記事

HOTポスト

  1. マーケティング・リサーチ
  2. クラウドでホームページ制作

おすすめ記事

【30日間無料お試し】オンラインで士業に何度でも相談可!

月額2,980円で税務や会社運営に関わる困りごとを税理士、社労士、司法書士、行政書士、弁理士にオンラインで相談できます。役所への提出書類の自動作成にも対応。書類への記入の手間も省けます。

BtoB企業向け集客代行サービス『Mikaku』実践マーケティングセンター 当「あ、いいなドット混む」への掲載ご希望の方へ

 当「あ、いいなドット混む」への掲載ご希望の方は、見込み客獲得支援サービス『Mikaku(ミカク)』…

当サイト新着ダイジェストに無料登録

 
PAGE TOP