ニュース

  1. 英国No.1ファンドマネジャーがヘッジファンド創設か?

    2010年の運用開始以来およそ400%のリターンを残している、英国で一番人気のファンド「ファンドスミス」のマネジャーであるテリー・スミス氏が、新しくロングショート戦略のヘッジファンドを立ち上げるようだ。 買い(ロング)のみで運用してきた超有名ファンドマネジャーの動向が注目されている。…

  2. 欧州大手グローバルマクロヘッジファンド、ブレバン・ハワードの復活劇

    2020年に入ってから欧州大手グローバルマクロヘッジファンドのブレバン・ハワードの復活が目覚ましい。巧みな相場に対するポジション構築により、コロナショックを利用した一段と高い成績を生み出し、5月末時点で22.6%のリターンを記録している。2018年以降の成績で比較するとブレバン・ハワード・マスターファンドは年率19.3%と、年率7.6%であったS&P500のインデックスファンドを大きく上回っている。 …

  3. リターン10%超!イェール大学の投資戦略

    先日発表されたQS世界大学ランキングで17位にランクインしたイェール大学だが、優れているのは教育機関としてだけではない。大学の資金を運用する機関投資家としても非常に優秀な成果をあげている。過去10年間の年平均リターンは11.1%であり、赤十字社や年金基金などをメインとする運用会社、ケンブリッジ・アソシエイツの調査でもランキング1位の運用成績を度々残している。機関投資家の中でもトップクラスの成績を残すイェール大学基金のリターンの秘密は、積極的にヘッジファンドに投資する運用戦略にある。…

  4. どうなる?コロナ後の銀行業界

    リーマンショックの原因を作り出した銀行業界だが、コロナショックでは企業の連鎖的な倒産を防ぐために重要な役割を果たしている。世界的な低金利環境で経営は難しく、銀行の株価は軒並み割安だ。三菱UFJフィナンシャルグループのPBRは0.4倍と過去最低レベルに落ち込んでいる。 コロナウイルスが落ち着いても経済活動はそれ以前の水準まで戻らないだろうという予測もされている。銀行業界は今後どうなっていくのだろうか。モルガン・スタンレーが先月末に発表した『Banking on the Next Cycle』をもとに…

  5. レイ・ダリオが予測する世界

    世界最大のヘッジファンドであるブリッジウォーターの創設者、レイ・ダリオ氏がLinkedinで「過去500年に見られた大きなサイクル」と題して今後の世界秩序を予測した。 1600年頃からの歴史を振り返り、「帝国」と呼ばれる国の盛衰を振り返る内容で、米国の覇権は長く続かず、中国が著しく台頭してきていると述べている。…

  6. コロナショック下のヘッジファンド

  7. コロナショックで稼いだヘッジファンド7選

  8. ヘッジファンドとESG投資

ピックアップ記事

HOTポスト

  1. ビジネス用データベース販売
  2. 企業向けモニターサービス

おすすめ記事

地番変換サービス

◆ 全国の地番を町丁目へ! 地番変換サービス地番しかわからず、 場所の特定ができない?住所の表記方法…

BtoB企業向け集客代行サービス『Mikaku』実践マーケティングセンター 当「あ、いいなドット混む」への掲載ご希望の方へ

 当「あ、いいなドット混む」への掲載ご希望の方は、見込み客獲得支援サービス『Mikaku(ミカク)』…

当サイト新着ダイジェストに無料登録

 
PAGE TOP