ゆかしメディア

東芝に出資「モノ言う株主」ヘッジファンドの正体


東芝は19日、海外のヘッジファンドに新株を割り当て、6000億円を調達すると発表した。新株発行価格は17日終値を10%下回る水準となる。この増資が完了すれば、東芝の上場廃止は回避される。ただし、その後も上場を維持するには、9月末時点で6000億円余りに達した債務超過を来年3月までに解消する必要がある。 また、今回の新株発行により、ヘッジファンドを中心とした外国人投資家が東芝株の約3分の1を保有することになる。 この度新たに東芝の株を保有することになったヘッジファンドがどのようなところかを見てみよう。

 


■ 出典・引用元がある場合は以下にリンクされます:

 

 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイト: YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)


 

◆BtoB展開されている方限定◆あなたもPR展開しませんか?

 

BtoB(法人向け・業務用)商材特集

関連記事

  1. 富裕層40人が知事あてに税率アップ署名
  2. 松坂大輔に120億払った名物オーナー【ヘッジファンドマネジャー列…
  3. ゆうちょ銀行が15億ドルのヘッジファンド運用へ
  4. リターン10%超!イェール大学の投資戦略
  5. 円満な相続税対策にもっとも必要なこととは?
  6. 猫背は万病の元!
  7. 世界最年少大富豪はノルウェー20歳、19歳姉妹
  8. 「史上最大のナンピン」から課税ロス防ぐため600億円分売却

【年中無休・深夜対応もOK】気軽に使える話し相手サービスーほんわか倶楽部

PAGE TOP