ゆかしメディア

ヘッジファンド業界の変化2020


2020年のヘッジファンド業界は苦戦を強いられており、1-3月の第一四半期で330億ドルの資金流出が起きた模様だ。リーマンショック以来の資産流出額となったが、「資産の1%ほどしか流出が起きなかった」ともいえる。バークレイヘッジ・インデックスによると、2008年のリーマンショック時には第四四半期で26%の資産が流出していた。コロナショックはまだ続いているため解約が増える可能性もあるが、きわめて少額だったといえる。  下落幅だけ比べたらリーマンショックの方が大きいが、解約率がここまで減少した理由はヘッジファンド業界の変化によるものだ。リーマンショックによる大規模な資産流出を受けて、ヘッジファンドがどう変化してきたか説明する。

 


■ 出典・引用元がある場合は以下にリンクされます:

 

 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイト: YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)


 

◆BtoB展開されている方限定◆あなたもPR展開しませんか?

 

BtoB(法人向け・業務用)商材特集

関連記事

  1. 敵も味方もたくさんの「モノ言う投資家」ウィリアム・A・アックマン…
  2. 富裕層はAI恐れるに足らず
  3. トランプ大統領に批判的な「帝王」レイ・ダリオの真意は?
  4. 10億稼ぐ 富裕層のための不動産投資法
  5. 投資家から評価が高いヘッジファンドランキング
  6. ポールソン殺した「デス・レポート」発行元がヘッジファンド運用開始…
  7. 2020年、東京に自動運転車が走る?
  8. コインチェック事件で終わる仮想通貨バブル

【年中無休・深夜対応もOK】気軽に使える話し相手サービスーほんわか倶楽部

PAGE TOP